糖尿病網膜症

患者の気持ち

携帯サイトQRコード

糖尿病網膜疾患とは

糖尿病網膜疾患のイメージ

糖尿病の三大合併症のひとつで、網膜の血管が膨れたり、閉塞したり、破れたりするために網膜や硝子体などに異常が出てくる病気です。

糖尿病になってから数年経過して発症するといわれていますが、初期の頃にはほとんど自覚症状がありませんので、糖尿病と診断されたら、定期的に検査を受ける事が大切です。

気がつかないうちに病気が進行してしまい、ある日突然、眼底に大出血を起こしてしまうこともあります。 早い段階で網膜症の発見が分かりますと治療効果も向上します。自覚症状がないから大丈夫という自己判断は危険です。

糖尿病網膜症の進行と治療

糖尿病網膜症は、進行の程度によって、3段階の症状に分けられます。

単純網膜症

自覚症状や視力低下は全くありません。
内科的な血糖コントロールを行いながら経過を観察しながら進行を防ぎます。

前増殖網膜症

網膜の毛細血管の流れが悪くなり、網膜の栄養不足・酸素不足が進行してくると、網膜に出血やむくみがでてきます。
レーザーによる治療を適宜行う必要があります。

増殖網膜症

網膜の酸欠が進み、酸素を送り込むために新生血管が発生します。新生血管が破れ、硝子体から出血がおこると、視力低下の症状が出てきます。
糖尿病網膜症の末期状態で、レーザーによる治療を行ったり、時には手術が必要になることもあります。

糖尿病網膜症の治療はタイミングが大切

初期段階である単純網膜症の場合は血糖コントロールにより症状を治療できます。
しかし、糖尿病を長年放置していると、知らないうちに糖尿病網膜症はどんどん進行していきます。

糖尿病網膜症は、糖尿病の可能性が否定できない、もしくは糖尿病がかなり疑われると診断されたときのタイミングがとても大切になります。
その心がけこそが、糖尿病網膜症の早期発見につながり、早期の治療で解決することにつながるのです。