小児眼科

患者の気持ち

携帯サイトQRコード

当院の小児眼科診療

小児眼科

主に、お子様の弱視、近視、遠視、乱視、斜視、眼精疲労などの治療を行います。


お子さまの弱視

生まれたばかりの赤ちゃんは大人と同じようには、まだ目が見えていません。
物を見るということは、言葉を話すようになるのと同じように、乳幼児期に段々と習得していく機能です。そのため、その時期に遠視、近視または何らかの病気によって見えない状態が続くと、目の発達に障害を与えてしまいます。これを弱視といいます。
早い時期に治療を受ければ視力改善が可能ですが、学童期を過ぎてから治療を行っても、あまり改善が望めませんので、お早めにご相談下さい。

弱視の症状

ものがよく見えないのが弱視の大きな症状です。
両目が弱視の場合、ものに目をくっつけるようにして見たり、見ているものから離すと嫌がる様子が見られます。
但し、片目が弱視の場合は、視力がよいほうの目で見えているため、周りが気付かないことも多いようです。

弱視の原因

弱視チェックリスト

□まぶしがることが多い
□眼をこすることが多い
□まばたきをすることが多い
□テレビなどを見るとき近づいて見る
□目を細めてものを見る
□いつも顔を傾けてものを見る
□片方の目を隠すと嫌がる

これらの項目に×個以上当てはまったら、弱視の可能性があります。
お子さまの弱視治療は、早期発見がなにより重要です。
「弱視かも?」と思ったら、当院までお早めにご相談ください。

お子さまの斜視

斜視には大別すると内側に向く「内斜視」と外側に向く「外斜視」の2種類があります。
更に「内斜視」の中でも「乳児内斜視」という生後6ヶ月までに起こる斜視と「調節性内斜視」という強い遠視のために起こる斜視があります。

斜視の症状

黒目が内側に寄る(内斜視)

子どもと近視

片方の黒目が内側に寄る

黒目が外側に寄る(外斜視)

子どもと近視

片方の黒目が外側に寄る。しっかり物を見る時は視線がずれないのに、疲れているときや眠いときに、どこを見ているのか分からない目つきになる。

黒目が上下に寄る(上下斜視)

子どもと近視

内斜視や外斜視に上下のずれが加わる。上下のずれが大きいと、物を見るとき首をかしげることが多くなる。

斜視の原因

斜視は、視力の低下や立体視が不得手になる等の障害をもたらします。
子どものうちから適切な治療を行うことが重要です。
「斜視かもしれない」と思ったら、お早めに当院までご相談ください。
(3歳未満の場合、目のトレーニングで治す事が出来る場合があります。)

学校検診について

学校の検診では学業への影響があるかどうかを短時間で検査するために、370方式と呼ばれる方法を採用しております。これは検査時間を短縮するため、0.3、0.7、1.0の3種類の大きさの視力表を提示して検査を行う方法ですが、検査結果はA,B,C,Dの4ランクに分けられます。

学校検診では

学校検診にて眼科での検査をすすめられた際は当院までご相談ください。

お子さまの近視

子どもと近視

最近のIT機器に囲まれた日常生活において、お子様の視力低下を心配する方も多いのではないでしょうか。
本やコミックだけではなく、特にパソコンや携帯ゲームなどで遊んだりする時間が増えてきています。
お子様の近視を予防するためには、目をできるだけ疲れさせないように気をつけてあげる必要があります。目が疲れている眼精疲労の状態が続いていると、目が近視の状態になりやすくなってしまいます。
また、目は精神的なストレスによっても疲れを感じることもあります。精神的なストレスが自律神経のバランスを崩してしまうことにより、目にまでその影響が出てしまうことがあります。学校や習い事から受けるストレスを感じないように注意してあげる事も重要です。

日頃から気をつけたいこと

お子さまに限らず、楽しいことや面白いものに対しては、集中力は高いものです。
そのため、本やコミック、パソコンや携帯ゲームについつい夢中になり、結果として目を疲れさせてしまうことになります。

日頃から、「明るいところでも見る」「連続してテレビやパソコンを見るのは1時間まで」といった『目をいたわるルール』を、家族みんなで実践することが大切です。